Bluetooth ヘッドホン イヤホンで 音ズレ してしまうのに気を付ける選び方 AAC apt-x

2018年9月3日

Bluetoothは無線で便利だけど音がズレて、動画が見れないと困ってる人も多いと思います。

原因はBluetoothの仕組みにあります。

Bluetoothというものは、スマホと通信して音楽を流しているわけですが、スマホとデータのやり取りをする時に、音楽を圧縮、解凍しているんですね。

音を圧縮し、ヘッドホンに送り、再生する前に解凍する、この手順の時に時間がかかって音がずれるんです。

さて、どうするか

ここで、iPhoneとAndroidで仕様が変わっています。

iPhoneでは「AAC」Androidでは「Apt-X」というのが圧縮形式です。

そこで「AAC対応」「Apt-X対応」という事が書いているヘッドホンやレシーバーを買えば音がずれません。

まだまだ出てないんですけどね。

例えば音楽を聴く程度であれば、音がズレても結構関係ないのですが、動画を見ると映像と音楽がずれると致命的です。

そこで僕が使っている最新のワイヤレスレシーバーはこれです。

しっかり「オーディオ特性:SBC/AAC/aptX」と書いてます。

これ、激安でBluetooth 4.2に対応しているから遅延もなく、すごくおすすめです。

apt-XのAndroid使用者だけでなく、iPhoneにも最適です!!

これで動画も見てみましたが、完全に遅延がなく最高です。

他の古いレシーバーだとBluetooth4.0しかなくて、頭の部分でプツッと切れたりしたのですが、こいつは完全に無遅延。

それでこのお値段は激安ですよ。

何しろAppleから出てる純正のAirpodがイヤホンが1万円くらいするので💦

他に探してみると

これが人気ですね。

とにかく

AAC aptX コーデック 対応と書いているやつを選びましょう。