【読了】#羊と鋼の森 #宮下奈津 ヤーマのブログ

宮下奈津さんは初読みです。

 

とにかく、描写が綺麗。安らぐ、落ち着く。

主人公の青年がピアノの調律師に出会い、ピアノの調律師という仕事に憧れ、上京してその店に弟子入り?する話。

日々の様子や出来事を淡々と描写した成長物語?って言うのかな?

最後までゆっくりお話は進み、特に大成するわけでもなく、主人公が自分の仕事に自信が持てるようになって終わり、という感じなんだけど。




ゆるされている。世界と調和している。
それがどんなに素晴らしいことか。
言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。

「才能があるから生きていくんじゃない。そんなもの、あったって、なくたって、生きていくんだ。あるのかないのかわからない、そんなものにふりまわされるのはごめんだ。もっと確かなものを、この手で探り当てていくしかない。(本文より)」

詩のような、綺麗な文章が流れてく。

とてもいい作品でした。

あと、終わらない歌、もいいらしい。読むつもり。