自宅をネットカフェ化 ゲーミングパソコン、仕事パソコンの買い方 僕のPC環境紹介

2018年3月28日

パソコンで色々仕事探したりゲームしたりするのに、どんなパソコンがいいんだろうとか悩みがあると思いますが、ここで僕のパソコン周りの紹介をしたいと思います。

パソコンはマウスコンピュータの6万くらいのPCです。

だいたい、6万円くらいのパソコンで「ミニタワー型」を選んでいます。マウスコンピューターじゃなくても、「BTOパソコン」ならいいです。BTOパソコンの特徴は「中が広くて改造しやすい」です。あと安いね。安くても中のマザーボードやcpuは普通にいいものを使ってます。

さて、ここでの選び方は

  • intel Corei 5
  • HDDは一番少なくてもいい
  • メモリも適当でいい
  • グラボ(グラフィックボード)は付けない

これでだいたい「5~6万円」程度で買いました。なぜそうするかというと

  • intel Corei 5 → ゲームする程度ならCore i5で十分
  • HDDは一番少なくてもいい → 後でSSDに変えるから
  • メモリも適当でいい → 足りなかったらまた買うから
  • グラボ(グラフィックボード)は付けない → Amazonで最新のグラボを最安値で買うから

です。これらの理由は「追加するものを一緒に買うと高くつく上に最新ではない」からです。

特にグラボは次々早くて新しいものが出るので、パソコンについてくるやつだと大抵古いです。

なので、アマゾンで最新のグラボを買って付ける方が早いんです。

そして、HDDは買ったらすぐSSDに変えましょう。圧倒的に早いですから。もちろん、Windowsの再セットアップという作業が待ってますので、パソコン苦手な人には苦痛かもしれませんが…

たいてい「リカバリディスク」というものが入っているので、それを使えばわりと簡単です。

追加で買うものについて

まずはSSDですね。これにすることでパソコンの速さは数倍になるので、ぜひ買いたいところです。もちろんHDDをSSDに変えるのでパソコンはまっさらになってしまいますが。頑張りましょう。

だいたいこれくらいのを買うと幸せになれます。

サイズが合わないのでスペーサーも買っておきましょう。

パソコンをあけてHDDを取り外してSSDに差し替えるだけなので超簡単です。

次にグラボですね。だいたい、nVIDIAのメモリ2Gを買えばいいでしょう。お金に余裕があるなら4G

これくらいかな。目安は1万~1万5千円くらいですね。

周辺機器

周辺機器は大事です。特にマウスとキーボードは「ゲーム専用」を買うといいです。

何が違うかというと、押し心地やマウスのスムーズさが全然違います。ちなみにゲーム用ではなく仕事用を買うにしてもゲーム専用を買った方がいいです。コアな趣味を持つゲーマーが使っている周辺機器なので、普段使いにもかなりいいです。ただ、そんなに高いものを買う必要はありません。ゲーム専用キーボードとマウスで一番安いものを買うといいです。まあだいたいiBUFFALOかLogicoolですね。

あと、大事なのが「マウスパッド」です。これを敷くことでマウスの動きがかなり変わります。マウスよりもマウスパッドの方が大事かもしれないってくらい重要です。

必ずsteelseriesを買いましょう。絶対これを買いましょう。

これでパソコン周りは終わりです。あと、Xboxのコントローラがあるといいですね。

自宅をネットカフェにする

僕がパソコンを買おうと思った時に一番気にしたのが、「高いものを買えばよいわけじゃない」ということです。この業界、初心者が入ると必ずぼったくられるので、ビックカメラなどで店員の話を聞いたりは絶対しない方がいいです。

じゃあどうするか?ネットカフェに行きましょう。特にいいのは、最近流行っているゲームを扱っているネットカフェに入る事です。そこで置いているパソコン、それが理想の価格のパソコンです。スペックを見たらわかります。上に記述したスペックに近いと思います。

というかその部屋がゲームに最適な環境です。なので、僕はこんなものを買いました。

家の中にネットカフェの環境が整うと、仕事もゲームも最適な環境ができます。

僕のパソコン環境はこんな感じです。