相棒 第12話 暗数 感想 ゲスト:筒井真理子 桜田ひより 長野里美

2018年1月18日

警視庁副総監の衣笠が、青木と会食後、2人の暴漢に切りつけられる事件が発生。衣笠は7年前、県警本部長時代に、カルト集団の一斉検挙を指揮した経緯があり、その関連も視野に入れて緊急対策チームが編成される。いっぽう、青木から事件の話を聞いた右京は、独自の捜査に乗り出し、衣笠家を訪れる。周囲は警備が強化され、許可のない者は門前払いだったが、以前、事件の目撃者として特命係と知り合った衣笠の娘・里奈の計らいで話を聞けることに。衣笠家には、4年前にも脅迫めいた手紙が届いており、母の祥子はそれで体調を崩して今も療養先から戻ってないという。以来、家事は晃子という家政婦が担っているというが、彼女の存在に引っ掛かるものを感じた右京は周辺を調べ始める。副総監襲撃と4年前の脅迫事件に繋がりが!?渦中の衣笠家で働く家政婦の“秘密”とは…?過去と現在が交錯する事件に特命係が光を当てる!

副総監の襲撃から副総監の過去の恨みや事件を追う杉下。
そこで出てきたのが僕が一番嫌いな女性への暴行事件。
証拠や証言があるのに簡単に不起訴にされる事件は本当に許せない。
その無念?復讐から起きた今回の事件はまた別の事件と繋がり、最後にはサイバー対策課の今までいたやつ(青木ではない)が犯人だったとわかる。
今回は襲撃よりも女性暴行のもみ消し事件の方が重点を置かれていたのは昨今のmetooを意識していたのかもしれない。
metooを支援したい僕としてはもう少し突っ込んで追っても良かったかなと少し残念だった。