原発ゼロ クリーンなエネルギーに置き換える という嘘付き政治家は嫌いだ

前々から記事にしようと思っていたがあまりに難しいので書けなかったこと。

それは原発反対問題だ。

選挙が始まった時僕はまずそこを基準にして見てしまう。

原発を停止します、という人には投票しない。

何故なら無理だからだ。

もう少し話を聞くとさらにわかる。

原発を無くして風力や太陽光に置き換えます、という人はもう完全にバカか嘘つきだからだ。

絶対支持しない。

たしかに原発は問題を沢山抱えている。

原子力は今のところ最高のエネルギー発生技術だからで。

特に日本人は昔から「原子力は危険」と教わるので何も考えずに嫌がる人が多い。

が、じゃあ代わりに何を使うの?

といっても物理界最高のエネルギー技術は今現代でも他に見つかっていないのが現実だ。

代わりになるとすれば石油による火力発電だが、それを挙げる人はいない。

何故なら火力発電を増やせば地球温暖化が進んで世界中から非難されるから。

なので、まったくクリーンな「風力」や「太陽光」などと言い出すのだろうが、風力や太陽光のような不安定なエネルギーが原子力の足しになるわけがない。

そこの問題をまったく話さずただ票を貰いたくて「原発ゼロ、クリーンなエネルギー」という候補者に票を入れる事が出来るだろうか?

できるわけない。

僕はこの問題に直面するには2つの案しか無いと思う。

1つは原子力より新しいエネルギーを発見する事。

もう1つは「安全な原子力発電所を作る事」事。

実際アメリカはそうしていて、いかに現代の原発が安全かをアピールし続けているし、実際事故らしい事故は起こっていない。

何故日本はそれをできないのかというと、恐らく反対派が怖いので新しい原発を作る事が出来ないのだと思う。

結果的に何十年も昔の発電所を未だに作り続けていて、色々と事故を起こしているのだと思う。

つまり、僕が本当に言いたい事をまとめると、

「原発を無くして風力や太陽光を使うというなら具体的な金額と生み出せるエネルギーを分かるように説明してくれ」と。

「それが出来ないうちは原発を無くしますという嘘をつくな!」と。

原発賛成と言ってるわけではなく、嘘をつくな、というのが僕の意見だ。