関西では話が面白い人がモテ、関東では優しい人がモテるという仮説 恋愛講座

僕だって男だしモテたいという時期はずっとあった。

そこで、なんとなくだけど感じた事を書いてみると、関西では、さすが吉本新喜劇の地方らしく、オモロい、オモロないで基準がある気がする。

話し方もそうで、会話をしてるときにボケやツッコミ、オチが重要な事が多い気がする。

僕が関西から上京してきた時にまず思ったのは、関東では話にオチがない事が多々あり、ボケもツッコミもない事が多い。

特に女子と話をしていると、悩みや相談や雑談など何にしても、聞くと最後がボヤける事が多い。

そこで僕は「え?今の話のオチは?」と聞くと「何それ?」と言われる上に、あまりやりすぎると嫌われるのだ。

関東では話を面白くしようとか、ネタになるとか、そういう事をあまり考えないのだ。

ではなぜ話をするかと言うと、話がしたいからする。

そして、話を聞くのが上手い人ほどモテる。

聞き上手というのは、同感したり賛同したり、一緒に怒ったりするのが求められている気がする。

そういう人が「優しい」と思われ好感を持たれるのだと思う。

これは男女問わず、聞き上手はどこに行っても人気だったりする。

話だけでなく普段の振る舞いからしても、優しい人はモテる。

それも、なんというか、ミエミエの優しさより、さりげなさが求められるのだと思う。

世に言う「デートで割り勘はモテない」「男が奢らないと好感度が下がる」問題にしても「男はATMじゃない」と憤る人はモテない。

それは大きな勘違いで女の子はお金を求めているのではなく優しさを求めているのだ、と思う。

なので、奢る場合もただ奢ればいいというのではない。

「お金は僕が払うから!」みたいなミエミエの払い方よりも、ちょっとトイレに行くふりでもして、さっと会計を済ませてしまう方が絶対モテると思う。

出ようか?と行って店を出る時に、「お金は?」と聞かれて「うん、払ったよ」と答えたら「優しい!」と言われるだろう。

これを関西でやってみると、(やったこと無いけど💦)たぶん

「なにそれ?かっこつけてんの?ええよ、払うよ」と言われ、あまりにやりすぎると「そんなにモテたいん?」と引かれる可能性がありそうだ。

(最近関西の女性と接する機会が無いので、どうかわからないが)

深く掘り下げると色々あると思うが、とりあえず関東の女性には優しい人がモテる、というのは割りと的を当てている気がするし、割り勘男が引かれるのは、お金がないから引かれているのではなく、せっかくのデートなのに資金も考えてない、鈍感なところが引かれているのだとおもう。

なぜなら鈍感な男は優しくないから。

と、いい歳をして恋愛について語ってみたが、意外と書いてて面白い事に気づいたのでよかったら続けようかと思う。