ドラマ シグナル 第2話 電池の入ってない無線機がまた繋がる!坂口健太郎 北村一輝 吉瀬美智子

前回特に不思議だった「誘拐殺人事件なのに時効がある」謎について、今回やっと話が繋がった。

実は第1話は2010年だったという。

そして三枝(坂口健太郎)は夜中にまた大山(北村一輝)と無線がつながる。

「過去は変えらます!」

謎の言葉で通信が途絶える。

そして、えーと2017年だから7年後?に話が繋がる。

つまりこのドラマ、無線だけでなくストーリーも過去と未来を行ったり来たりするらしい。

面白い!こういうの好きだわ。

そして、三枝はアメリカでプロファイリングの訓練を受けて一気に警部補になって帰ってきた?(その間、大山からの無線は無し?)

新設された組織は未解決事件捜査班?

1997年の事件に関わる。

謎の連続殺人事件を捜査するうちに、また大山と無線が繋がる。

大山はなぜか三枝のことを知らず、言われるがままに殺害現場に行くと、被害者が倒れているという。

おお、前回は過去の事件を未来で解決して、今度は未来から過去を変える気か?

大山はどうやら犯人ともみ合いになり、そこで起こるタイムパラドックス。

証拠写真、手帳の文字、ホワイトボードの文字がブルブル震えだす。

まるでホラー映画。

このドラマ、僕は単純に「北村一輝が好きだから」見始めたのだが、面白い!!

来週に期待!

ちなみに今回は吉瀬美智子と北村一輝が仲良く?写真撮るところが面白かった。