シグナル 長期未解決事件捜査班 第9話 感想 坂口健太郎 北村一輝 吉瀬美智子

岩田(甲本雅裕)係長が襲撃され殉職、三枝(坂口健太郎)の前で息絶える前に岩田係長は「俺が大山(北村一輝)を殺した」と告白する。

殺気立つ警察で中本(渡部篤郎)部長は三枝を容疑者扱いする。

一方、過去では大山がとうとう三枝の兄の事件に関わる。

ここまでのストーリーで

(過去)

高校で集団レイプ事件が発生し、被害者の女の子は自殺しかける

被害者は三枝の兄と仲が良かったが、あろうことか兄が事件の主犯とされる

兄の友人が女の子と仲の良かった兄を嫉妬?

そして兄の友人は家がでかくて明らかに大金持ち。

兄の友人が犯人で、上から中本部長に圧力がかかり、兄を生贄にされる

兄は出所後自殺

大山は独断で兄の事件を調べ、何か事件の糸口を見つけてしまい、岩田係長に殺される?

(現在)

偶然無線を聞いてしまった岩田係長は、大山が行きていると勘違い、そして人質状態だった白血病の娘は死んでしまう。

人質が無くなった岩田係長は全てを打ち明けると言い、中本部長に殺される?

三枝は、大山刑事の死体を見つける

現在はほとんど絶望状態だが、無線により過去が変わればなんとか?

ということがわかる。

ただし、このドラマは韓国ドラマのリメイクなので、今まで見ていた事からわかるように、日本ドラマのような「全部解決、ハッピーエンド」とはならない様子なので。

三枝の兄の容疑は晴れるのか?

大山は死なずに済むのか?

わからないねえ。