ドラマ シグナル 最終回考察

真犯人は中本刑事部長。

中本は三枝の兄を自ら殺害し、証拠を隠蔽する。

大山間に合わず。

大山は1人事件を追うが、中本は暴力団と岩田係長に大山を始末するように支持する。

そして現代では桜井と三枝が大山と連絡し、大山殺害の犯人、暴力団を探す。

大山は無線で連絡するが、出たのは三枝ではなく桜井だった。

桜井は大山が殺された病院には行かないように大山につげる。

また三枝と桜井は独自に捜査し、そこで、暴力団同士の口封じに巻き込まれ、撃たれる三枝。

三枝は瀕死状態になるが、ここからよくわからないけど、大山は三枝に病院を調べるよう言われて病院に行って襲われる。

が、今回桜井が無線に出て病院に行かないよう伝えた。

ここで過去が変わり、三枝は目を覚ます。

三枝は警官になっていた。

中本は何者かに殺され、大山が被疑者になって失踪していた。

三枝の兄の無罪は晴れたが、兄は死んだまま。

そして大山は三枝の母に証拠を渡す。

現代の三枝はその資料を受け取り、資料にあった病院を訪ねる。

そこで桜井と再開する。

桜井は過去が変わっていたが、おそらくタイムリープに関わったがため、過去の記憶があり、三枝を認識する。

そして、2人で大山の潜伏していると思われる病院へ向かう

…難しかった!!