007 スカイフォール 感想

元々ダニエルクレイグの007はあまり好きではなくて。

僕はイアンフレミングの007ではなくハリウッドの007が好きなのね。

ワクワクするじゃん。

タキシードに身を包み、次から次へと不思議武器を出しては暴れまわるボンド。

ところがダニエルクレイグになってからボンドは、渋いキャラクターで地味に戦う小説版になってしまって。

僕はやっぱりロジャームーアが好きだったなあ。

スカイフォールはさらに設定が地味になって。

21世紀になってスパイ同士による戦いが時代遅れになり、さらにジェームズボンドは歳で引退するよう言われ、そんな時にMI6長官、Mは元エージェントから憎まれて狙われる。

Mを守るために老いたボンドが身体に鞭打って戦うストーリー。

ダニエル・クレイグ、まだ50歳。

トム・クルーズとかもっと頑張ってるぞ!

そしてQが用意したのはワルサーPPK(1931年)と発信機のみ。

うーん。

不思議武器は?

ミサイルとか出る車は?

最後の家で色々なガラスやクギやらで武器を作るシーンなんて、それセガールやん。

という事で、映画としては面白かったけど、ハリウッド版007ファンとしてはイマイチでした。

最後にテーマソングが流れる方式も僕はイマイチ。

僕は最初から最後までボンドしてほしいんだよね。

という、感想でした。

懐古趣味?

かもしれないけど。