夢を見ました

会社に復帰して、バリバリ仕事してる夢を見ました。

昔、僕はヒーローでした。

社内SEとして、事務職の人たちに、今まで手作業で仕事してた仕事を次々自動化して、皆に喜ばれて。

例えば、組織改定。

会社から言われる組織改定、どこの部署の下がどこの部署、どこの部の下が何のチーム。

上層部が好き勝手つなげる組織図でも、それをそれぞれの部署の事務職が、自分達の部署用のExcelや部内のシステムに反映するのに、みんな手作業でやってました。

それを僕が自動でバーって表にしたり、データにしたり

そういうシステムやスクリプトを作るのが得意だったし

「ヤーマさんありがとう」と言われるのがとても嬉しかった。

楽しかった。

どこの部署に行っても「ヤーマさん」「ヤーマさん」

こんなの上司に言われたとか、こんなことしなきゃいけないとか

色々悩みを言われてはヒーローのように自動化システムやスクリプトをプレゼントしてた。

ある日、上司が変わって、今までそういうことを積極に支援してた上司から、野望いっぱいの上司になって、

「君のやってる仕事は会社の利益にまったくならない」

「社外システム担当になれ」

と言われて、あれよあれよという間に無理やり配置替えにされ

困ってる事務職の人達は皆、放置され

僕は僕で

「ヤーマはこれから会社の為になる仕事をする」

「ヤーマは社外システムを作るプロフェッショナルだ」

まあまあ、今までも生き甲斐を否定される噂をあちこちでその上司に流され

追い詰められ、なんやかんやで精神をむしばまれ、どんどんどんどん病気になっていって

気づいたらうつ病になってしまって。

事務職の人達からいつも「ヤーマさん、あれ作ってほしかったのに」「今度の社内SEは何もしてくれない」という声も届いてきてたし、実際、社内SEを軽視してた上司は何の経験も知識もない部員を社内SEに立てて、「なんか依頼されても断れ」みたいな指示出してたし。

あ、また愚痴っぽくなった。

そう、とにかく僕が会社で輝いてたときはヒーローだったのね。

終わった人生はもう戻らないので、あの頃に戻りたいとか、思っても仕方ないけど。

あー、あのときは僕はほんとヒーローだったな

上司の為に仕事するより、事務職の人達のために仕事する方が好きだったな

そんな事を思い出してしまいました。

以前も書いたことがあるけど

僕はやりたいことはだいたいやったし。

後は、なんとか生きていくことかなあ。