ネットの人間関係、トラブルについて対処するには

僕の好きな京極夏彦の「邪魅の雫」の一節なのだけど。

君は君が生活して居る世間の中でのみ、関口巽足り得るのだからね、君が直に接する相手との関係を第一義に考えるべきなんだよ。自分が思う関口巽と世間の評価との間に齟齬があって、それを不満に思うと云うなら、身の周りから正して行く他ない。

いつもながらに痛烈、でいて優しい京極堂の言葉。

僕もTwitterの人間関係がうまくいかず、嫌われたりブロックされたことが何度あることか。

あげくは、ブロックされたあとで、どうもその人が僕の悪口をあちこち触れ回ってるらしいとか。なんとか。

そうしたら、それを聞いた人からも嫌われるんじゃないだろうかとか、考えだしたら止まらない。

そんなときに京極堂の言葉、言霊を思い出すようにしている。

君が直に接する相手との関係を第一義に考えるべきなんだよ。

まず、僕には家族がいるわけで。

スマホに没頭してないで家族との関係を第一義にしなきゃ。

ね。

それから、例えTwitterとはいえ、友達は友達。

でも、友達とはいえ、他人ではあるので。

親しき中に礼儀あり、下敷きの上にも筆箱有り by上岡龍太郎

つい、調子にのって無礼な発言したりしないよう、いつも気をつけてるし

愚痴とか、不快に思われそうなことはつぶやかないようにしてる。

後は、何かな。

話題にも気をつけるし。

まあ、それでも嫌われるときは嫌われるし。

その時は、ブロックされてしまうなり、フォロー外されたりするんだね。

それについては、いちいち悩まない。

仲のいい人を大事にして、気をつけて付き合うしかない。

君が直に接する相手との関係を第一義に考えるべきなんだよ