ライターってどうやったらなれるんですか?

って聞かれたので答えました。

正直な話ですが

会社入って給料もらって節約して貯金したほうが絶対に幸せになれます。

どんなにつらいブラック企業でも日本の企業である限り、厚生労働省に見張られているので、本当につらい目には遭わないし、給料も確実にもらえます。

ただ、僕のように病気になってしまい、社会に戻れなくなった人に、僕がどうやってライターになったのかを書きます。

  1. クラウドワーカーサービスに登録して仕事する
  2. 勉強したりしてライター募集してる会社に応募して受かる
  3. 自力でブログ作って自力で売れる

1.クラウドワーカーサービスに登録して仕事する

有名どころだと、クラウドワークスランサーズですね。

ここに登録して、お仕事を探してシステムに沿って仕事をする。

色々な仕事があるんだな~って勉強になります。

ただし、変な仕事、詐欺っぽい仕事も結構あるので、それはちゃんと調べたり経験を積んだりして選ばないとつらいですね。

僕もクラウドワークスをしばらくやってみましたが。

うーん。

誰も何も教えてくれない世界に送られて、よく分かんない仕事を色々したって感じかな。

完全にフリーランスのライターって感じでした。

間違っていても誰も直してくれないし。

まあ、それでもやっていける人はやっていけるんでしょう。

ただし、自己責任で

って感じですね。

あと、フリーランスのライターはめっちゃいるので、仕事は取り合いです。

②勉強したりしてライター募集してる会社に応募して受かる

これ、僕が今やってるやつ。

とりあえず「クラウドワークス」で仕事を知ったので、その仕事でググって会社を探し、応募要項に記述して応募しました。

受かった所は内緒で

落ちた所を教えちゃいます。

コエラボさんです。

まあ、大手なんで、受かる人すげーって感じですね。

それでも受かったって人は結構いるので。

経験0ヶ月の僕でしたが、一次に通っただけでも良かったとしましょうね。

③自力でブログ作って自力で売れる

これでもできる人はできるんだよね。

例えばブロガーの、はあちゅうさんとか。

まあ、当然ですが、「アメブロ作った」じゃブロガーにはなれません。

自分でドメイン作ってレンタルサーバー借りないとね。

少なくともGoogleアドセンスは通りませんから。

ドメイン?レンタルサーバー?って人は「勉強しろ」としか言えませんね。

まあ、何の仕事をするにしても、少なくとも勉強して、資格を取るくらいのところまではやらないと、素人から出られませんね。

当然の話しですが。