見せてもらおうか、iPad 第8世代の実力というものを!!

iPad miniをiPadに変えました。

長くミニ使ってましたがスマートキーボードが使えないということ、なかなか新機種が出ないということで、毎年新機種が出るノーマルのiPadに乗り換えました。

そこでiPad miniとiPadの比較をしてみました。

まず2020年9月に発売されたiPad第8世代ですが、2019年モデルのA10チップが2段階上がってA12チップになっています。

A12チップが初めて出たのはiPhone XR、XSなので、まずまずの性能と言えるでしょう。

ちなみにiPad mini第5世代もA12チップなので現状、iPad miniとiPadは同じ性能でしょう。

で、iPadですが、ミニと比べてでかい。重い。

今までKindle読むのによく使ってましたがちょっと文庫本なんかと比べるとでかいですね。

まぁ。その分、映像は大きな画面で見られますが。

そして、やっぱりアップルの純正周辺機器はいい。

高いけどいい。

まずスマートキーボードはキーボードになるし、台にもなるし、カバーにもなる。

3種のモードチェンジはかなり良いです。

そしてApple Pencil。

第一世代ですが第二世代と比べたら安い。

そして快適。画面も大きくなったのでノート取るのに便利です。

アプリはGoodNote5、オススメです。

iPadは横にして使うのがいい。

本を読むときは縦にしてますが、ブラウザ、メモなどは横にして使ってます。ちなみにコミックを横にすると見開きになってちょうどいい大きさなのでオススメです。

やっぱりコミックは見開きシーンも多いですからね。